【ドラゴンクエスト】28年ぶりにダイの大冒険がアニメ化&ゲームかするらしい!

スポンサーリンク
漫画

何気なくyoutubeを見ていたらこんな動画が目に入りました。

JR━―━―━(゚∀゚)━―━―━― !!

週刊少年ジャンプの黄金期に連載されていたダイの大冒険が再アニメ化されるなんて…

そんな訳で本日はダイの大冒険についてちょっとだけ書いて行こうと思います!

ダイの大冒険とは

少年漫画の王道を行く冒険物、そして国民的RPGとなったドラゴンクエストの設定を基にしており、多くの人を魅了しました。

ストーリーは完全オリジナルで、当時はゲームとの接点は無かったが、オリジナルの呪文「メドローア」などが、近年発売されたドラゴンクエスト11などに収録されたり、星のドラゴンクエストやドラゴンクエストモンターズなどとコラボし、キャラクターがゲームにも登場。

過去にはアニメも放送されており、全46話。

当初は更に数クールの延長も予定されていたが、大幅な番組枠変更により計画が流れ、バラン編を改変して倒した所で終了になってしまった。

ダイの大冒険 ストーリー

あらすじ

魔王ハドラー率いる魔王軍に勇者アバンとそのパーティは勝利し、魔王の配下だった魔物もその支配から解き放たれ世界に平和が訪れた。

月日は流れ、モンスター達が平和に暮らす南海の孤島、デルムリン島で唯一の人間である「ダイ」は鬼面道志のブラスに育てられ、ゴールデンメタルスライムのゴメちゃんや他の魔物達と仲良く暮らしていた。

ダイはかつて魔王を討った英雄譚に憧れ勇者になる事を夢見ながら過ごしていたが、ある日島の魔物が狂暴化してしまい、ブラスは魔王が復活した事を悟る。

そこにかつて世界を救った勇者アバンと弟子の魔法使いポップが勇者の家庭教師として現れ、島に結界を張り魔王の支配から魔物を救いだし、ダイの家庭教師としてデルムリン島に滞在する事になった。

しかし魔王ハドラーがデルムリン島に現れ、大魔王バーンの力により復活した事と、新たな魔王軍が編成された事を告げると、アバンとその弟子達を葬り去ろうとし襲い来る。

MPを消耗している状態、そして更に力を付け蘇ったハドラーに勝てないと悟ったアバンは、メガンテでハドラーと相打ちを狙うが失敗し敗れてしまうが、ダイが紋章の力に目覚めてなんとか撃退。

アバンの意志を継いだダイとポップは、魔王軍を倒し世界を再び平和にするべくデルムリン島を旅立つのだった。

ダイの大冒険のここが面白い

まさに友情、努力、勝利と言った感じで少年漫画の王道を行っていたダイの大冒険。

しかしこれだけには収まりません。

敵だったはずの魔物がダイ達と戦う事により、心を動かされて仲間になると言ったシーンが存在し、これがまた熱い展開でグッとくる場面が多く存在します。

 

※ここから少しネタバレを含みます

 

個人的に押したいのは2つのシーン。

まずは不死騎団を率いるヒュンケルと、ヒュンケルの育ての親であるバルトスの物語。

勇者アバンが倒したはずの魔王ハドラーが生きており、ヒュンケルを思って剣を置いたバルトスがハドラーにやられてしまいます。

子供心ながら、ハドラーはなんてひどい奴なんだ…と思い、ハドラーを改めて魔王と認識したと同時に、バルトスが最後に残したセリフが心に刺さり漫画で初めて泣きました。

 

もう一つは魔王ハドラーの最後。

倒すべき相手、敵であるポップを逃がす為に、まさかハドラー自身が犠牲になると言うものでした。

まさかこんな事になるとは思いもしなかったので、相当衝撃を受けたのを覚えてします。

そこまで、そこからの展開も熱く、ダイの大冒険の中で一番面白いと思ったシーンでした。

 

20年以上も昔の漫画ですが、ドラクエ好き、王道ファンタジーが好きな方は必ずハマれる作品ですよ! 

さいごに

こうして書いているとまた読み直したくなってしまいますね。

漫画は引っ越しの際に全て譲ってしまったので今更ながらに後悔しています…。

ネカフェに行って読もうと思ったのですが、安いコミックレンタルサイトを見つけたのでこちらを試して見ようと思います。

14泊15日で新旧作一冊80円と、ネカフェよりコスパが良さそうです。

旧作から最新作まで、かなり種類が豊富なのでめちゃ便利そうでした。

勿論、ダイの大冒険もありましたよ!

ダイの大冒険公式サイトがオープンしました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました