【漫画】空挺ドラゴンズ9巻が発売!伝説の再来、そして満身創痍のクイン・ザザ号と怒涛の展開

スポンサーリンク
漫画

9/7に待ちに待った空挺ドラゴンズの9巻が発売になりました!

8巻の最後に姿を現したクイン・ザザ号と因縁がある龍が登場し、すっごい気になる所で終わってしまったので続きが気になって仕方ありませんでした…w

【漫画】空挺ドラゴンズ8巻が発売!ミカの過去やクイン・ザザ号の因縁が明らかに
待ちに待った空挺ドラゴンズの8巻が発売されました!早速読んで見たので、感想をちょろっとだけ書いて行こうと思います。※多少のネタバレを含むのでご注意下さい。7巻の感想はこちら (adsbygoogle = wind...

そんな気になりまくりだった9巻を早速読んで見たので、本日はその感想などを書いて行こうと思います!

※多少のネタバレを含むのでご注意下さい。

空挺ドラゴンズ9巻

[桑原太矩]の空挺ドラゴンズ(9) (アフタヌーンコミックス)

あらすじ

天山の龍は相場の10倍で取引がされている…と聞き、龍を求めて天山迷路へと出航したクイン・ザザ号。

カペラの卓越した操舵によりなんとか龍を発見するも、屍龍船に横槍を入れられたりと一筋縄で事は運びませんでした。

屍龍船と龍を巡っての戦いが終わり、何とか龍を仕留めたと思いきや雷雲と共に現れた一頭の龍。

船乗り達に言い伝えられている伝説の龍の一席「震天王・テュポーン」がクイン・ザザ号の前に立ちはだかりました。

過去に一度クイン・ザザ号を沈められた経験を持つ船長代理のクロッコは退却を試みますが敢え無く失敗してしまい船は大破してしまいます。

一度入ると抜け出せないとまで言われている天山迷路。

彼等は大破し墜ちてしまった船で帰還する事ができるのでしょうか。

そして久しぶりに「彼等」も登場します。

感想とか

そんなこんなで空挺ドラゴンズ9巻を読み終えた感想とかを。

8巻ではクイン・ザザ号の因縁と船長代理のクロッコ、そして古株の会計士リーの過去について触れられていました。

9巻では因縁の龍が登場し、その龍がまさかの生ける伝説…とかなり盛り上がる展開でした。

クロッコの因縁と過去は明らかになったもののどうやらリーにも何かある様子。

9巻では明らかにならなかったのでこれからの展開が楽しみです。

ってかこの過去話から現代への繋ぎ方が個人的には凄い好き。

過去については決して多く語られる事はありませんが、このキャラにはこんな物語があって今の人物像があるんだな…と十分に感じる事ができますし、意外と妄想も捗りますしねw

そしてもう一つ楽しみなのがクイン・ザザ号と震天王・テュポーンの行方について。

ネタバレになりますがテュポーンにより再び墜とされてしまったクイン・ザザ号ですが、なんとか応急処置を済ませてなんとかマユーロへの帰還を果たしましたが修理を行わないと飛べない状況に陥ってしまいました。

修理には過去に登場した「彼等」に一任する事になるのですが、買い変わらずのトラブルメーカーと言うかなんというか…w

それと以前にあった時とはちょっとイメージが変わっており、あー、こういう人いるなーと謎の共感を覚えましたw

そしてどうやら10巻はヴァニーについて掘り下げる様子。

9巻でもヴァニーについて少し触れられましたが10巻はどうなるのか…

もう10巻の発売が待ち遠しいです…

さいごに

今回も思いっきり楽しめた…

そして空腹時に見るもんじゃありませんね…w

料理シーンになると空腹を思い出し、思いっきり肉を食いたくなってしまいますw

そんなこんなで空挺ドラゴンズ9巻についてでした。

Amazonチャージを初めて利用すると初回限定で1000ポイント+チャージ金額の最大2.5%分のポイントが貰えるキャンペーンが行われています。

まだご利用で無い方はお得に買い物をするチャンスですので是非ご利用下さいませ!

詳しくはこちらのページからご確認下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました