アキトはカードを引くようです2巻を読んでみたら泣いた件

スポンサーリンク
書籍化したやる夫スレ

11/25に発売したやる夫スレ原作の「アキトはカードを引くようです」の2巻を読んで見たので、早速感想などを書いていきたいと思います!

若干のネタバレを含んでいますのでご注意下さい。

1巻の感想は別記事にてご参照下さいませ!

「アキトはカードを引くようです」がめちゃ面白かった!&続報とか【WEB掲示板から生まれた4つの傑作】
角川から「WEB掲示板から生まれた4つの傑作」と銘打って発売された、やる夫スレ作品の「やる夫はカードを引くようです」を原作としたライトノベル、「アキトはカードを引くようです」を読んでみたので感想を書いていきたいと思います!若干のネタバレ...

アキトはカードを引くようです2巻

[川田 両悟]のアキトはカードを引くようです2【電子特典付き】 (MF文庫J)

早速「アキトはカードを引くようです」の2巻を読んで見ました!

2巻に収録されている話は原作だと第二話⁻4~第四話の冒頭新たな仲間(カード)を求めてガチャを回しに行くシーンまで+おまけの書き下ろしが収録されています。

コロッセオで出会った女性「メリッサ」と、クールな少年「ナツメ」。

そして主人公のアキトが共に切磋琢磨しながら共闘し、CVCを目指す為にコロッセオで戦闘をこなしながら資金を貯めて行く事になりました。

 

まず最初に目についたのが…言わずもがな表紙。

表紙のメインを飾るキャラはどうやら秘書のようで、1巻はアキトの秘書であるキャロル。

2巻はナツメの秘書であるヴィクトリアがメインで描かれていました。

それにしてもヴィクトリアの恰好…えっちだ…w

原作では登場シーンも少なく、少し無機質な印象を感じたヴィクトリアでしたが、本作では登場シーンもましまし。

性格も改変されており、ナツメを溺愛している要素も見受けられました。

そしてあのクールな性格のナツメからイニシアティブを取っており、振り回している感じがまた面白い。

それでいてきちんとナツメをサポートしているヴィクトリアは有能で魅力的だなーと思いました。

 

マスターの3人も共闘を経てであった頃の雰囲気は微塵も感じさせず。

ギスギスした感じがまったくなく、3人とも地を出して賑やかになった感じが印象的でした。

相変わらずナツメはクールだが笑みを見せるようになったり、メリッサは酔うと絡み酒になったり。

メリッサとナツメは共にライバル視をしているがなんだかんだで楽しそうだし、その2人の性格を上手く利用?し、なだめてフラストレーションをトレーニングに向けさせるアキト。

そして3人がそれぞれを気にかけて尊重している、本当に良いパーティーになったな、と心底思います。

そして1巻よりもキャロルのお金に対する執着心が狂気じみて来たのは内緒の話。

コロッセオの話だけではなくOFFの日の話が大幅に加筆されており、原作には無いシーンを見る事ができるのも魅力でした。

ここだけの話、メリッサのシャワーシーンのカラー挿絵もあるぞ!

メリッサのシャワーシーンのカラー挿絵もあるぞ!!

 

そしてもちろん外せないのがカード達の話。

アキトが使役する最高メイン盾「アルファロメオ」、メリッサが絶大な信頼を置く「マスラオ」、そしてナツメが研究し使い込んでいる関西弁のロボ「エイブラハム」。

彼らにもしっかりとスポットが当てられており、マスター達と同様、全員違う性格ながら仲睦まじく交流している様子が微笑ましく感じ、かなり感情移入させられました。

それだけに終盤、コロッセオ落ちのチーム「エクスプロード」との闘いは辛かった…。

エイブラハムのシーンでもう泣きそうだったのですが、戦闘後キャロルのセリフで完全に涙腺がやられてしまいました。

 

そこから更に追い打ちをかけるように、それぞれの道を歩む事になったマスター達3人。

ちょいちょいネタバレをしてしまいアレですが、ここから先は是非「アキトはカードを引くようです2」でお読み下さいませ。

さいごに

「アキトはカードを引くようです」2巻を読んで見た感想でした!

総評を書くとするならば、「控えめに言ってもめちゃくちゃ面白い」ですw

もし気になった方はやる夫スレの原作から入ってみると良いかと思います!

やる夫スレとは?気になった方はこちらの記事をご覧下さい

本当に面白い!ファンタジー系おすすめやる夫スレ【6/9更新】
私は出先で暇を持て余した時にやる夫スレをよく読んでます。無料かつ、外でWi-Fiが無くても容量を気にせずに楽しめるやる夫スレは正に究極の暇つぶしとも言えるのではないでしょうか?wそんなこんなでやる夫暦5年を超えてしまった私が、実際に読...

「アキトはカードを引くようです」の原作はこちらから

9/7更新 WEB掲示板から生まれた4つの傑作ついに書籍情報発表!【やる夫スレ書籍化】
ついに角川の「WEB掲示板から生まれた4つの傑作」、やる夫スレ原作の書籍情報が公開されました!やる夫スレについてはこちらの記事で触れているので、よろしければご覧下さい。※9/7追記君は死ねない灰かぶりの魔女がヤングエースUPにて...

11/27発売の「月間コミックアライブ」にてコミカライズ版が一挙2話掲載されるのでそちらも楽しみですね!

 

Amazonギフト券購入でお得にお買い物!現在Amazonで、初めて現金でAmazonギフト券をチャージすると1000ポイント貰えるキャンペーンが実施されています。


更に、ギフト券購入額×最大2.5分のポイントが貰えるので、今がチャンスですよ!

Amazonギフト券初回購入で1000PGET!
詳しくは上記リンクでご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました