タナックス(TANAX) モトフィズ  タフザックD35を購入したのでレビュー!

スポンサーリンク
アウトドア用品

原チャリでゆるキャン△計画を遂行するため、キャンプ用品を持ち運ぶ防水バッグを購入しました。

実際にキャンプ用品を収納して見たところ、かなりの収納力があり良い製品だと思ったのでご紹介しようと思います!

タナックス(TANAX) バイク用防水バック35ℓ

商品概要

  • 付属品:MP-12 (ショルダベールト)×1
  • 本体サイズ :(H)250×(W)560×(D)250mm
  • 容量 :35L
  • ターポリンより軽くて強い防水素材「TPU」を使用
  • 溶着による「ウェルダー加工」の一体構造で、雨や泥の侵入をシャットアウト
  • 回転式エアバルブ搭載
  • ファスナーで開口部を閉めるので、しっかり巻けて雨が侵入しにくい

原チャリにキャンプ用品を積載する為、購入したタナックス(TANAX) モトフィズ タフザックD35。

製品紹介ページを見てみるとこんな写真がありました。

これだけ荷物が入れば、1~2泊位のキャンプなら余裕で行けそうだと思い購入。

すぐに届いたので開封してみると…

思ったよりでかい。

概要にも書きましたが本体サイズは (H)250×(W)560×(D)250mm

以前購入したキャプテンスタッグ アルミ ロールテーブルと長さを比較してみると、

こんな感じで余裕で入ります。

【ゆるキャン△】キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブルを買ってみた【ソロキャン】
突然ですが、私はソロキャンプでテーブルは要らない派だったんです。自転車旅中は荷物の積載量がそんなに多くないので、削れる物はとことん削った結果テーブルを省き、テーブルが無い環境にすっかり慣れてしまっていました。屋外に備え付けのテーブルが...

内部は至ってシンプル。

内ポケット等は付いていないのでパッキングは少しコツが要りそうです。

 

問題はキャンプ用品がどれだけ入るか。

一通りキャンプに持って行きたいものをパッキングしてみる事に。

パッキングする物は、

テント・シュラフ・インナーシュラフ・枕・インフレーターマット・レジャーシート・ランタン・コンロ・ガス缶・クッカー・ローテーブル・ローチェア・焚火台。

これらを適当に放り込んでみると…

ベルトをギリギリまで伸ばしたらしっかり収まりました。

適当に放り込んだだけなので、しっかり考えてパッキングすればもう少し余裕ができそうです。

実際横の方に少し余裕があったので、着替え位なら入りそうな感じ。

ずっしりと重たくなってしまいましたが、持ち手部分にハンドグリップが付いているので持ち運ぶ際も手が痛くなりません。

ただしショルダーベルトは緩衝材的なのが付いていませんでした。

とは言え駐車場からサイトまで数kmも歩くなんて事は極々稀ですし、ちょっとした移動なら全然問題無いなと思います。

さいごに

購入した感想としては、中々の収納力で大満足の商品でした。

防水で汚れにも強くこれだけ荷物が入り、お値段6000円ちょっとなら中々のコスパだと思います。

サイズは今回購入した35lの他にも50lがあるので、中型~大型バイクでガッツリツーリングキャンプに行かれる方は50lの方が良いと思いました。

Amazonチャージを利用すると、初回限定で1000ポイント+チャージ金額の最大2.5%分のポイントが貰えるキャンペーンも行われているので更にお得に購入する事ができますよ!

詳しくはこちらのページからご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました