ダンジョン飯9巻が発売!翼獅子とライオスの邂逅、ミスルンの驚くべき過去が明らかになり核心に迫って来た

スポンサーリンク
漫画

ダンジョン飯8巻から早8ヶ月。

本日ついにダンジョン飯9巻が本日発売になりました!

第1層に現れた狂乱の魔術師とファリンごと地下に落とされてしまったミスルンとカブルー、そしてライオス一行は無事にバイコーンを食べる事ができたのか?

などなど、続きが気になりまくりで首を長ーくして待っていました。

早速読んで見たので本日は9巻の感想などを書いて行こうと思います!

※多少のネタバレを含むのでご注意下さい。

ダンジョン飯9巻

8巻では西方エルフが迷宮の調査及び制圧を目的とした精鋭部隊カナリアがダンジョンに介入し、ダンジョンにも大きな動きがありました。

カナリアのダンジョンへの介入と共に狂乱の魔術師が1Fにも姿を現し、カナリアと接触。

部隊の隊長と戦闘になり、劣勢になった魔術師はファリンを呼び出しましたが、床が崩落した事により逃げられてしまいました。

その頃のライオス達はチェンジリングに悩まされながらもドワーフの古代都市まで到達。

地上~ダンジョン1階の慌ただしさとは無縁でいつも通り、彼らのペースでファリンと狂乱の魔術師を探しています。

 

っとそんな感じで締めくくられた8巻でしたが、9巻ではライオスPTにも大きな動きがありました。

黄金の国の守護獣と呼ばれる「翼獅子」とついに接触し、ライオスはある決意を固めます。

しかしそんなシリアスな展開が続かないのがダンジョン飯の面白い所。

翼獅子との接触シーンもそうですが、接触するきっかけになったサキュバスとの戦闘(と言ってもいいんだろうか)が9巻で一番笑えましたw

笑えたのと同時にイヅツミがマジで良かった…カッコ良かった。

自分勝手でライオスPTをイマイチ馴染めていないイヅツミですが、なんだかんだで悪い奴じゃ無いですよね。

サキュバスのシーンは是非ご自身で読んで欲しいのですが、翼獅子との邂逅のシーンは…

このなんかちょっと困惑したような表情とセリフが中々ツボでしたw

結構な出オチ感がありましたが、翼獅子との会話でライオスは自分の理想に気付き始めました。

一方で床の崩落によりダンジョンの深部に落とされてしまったカナリア部隊隊長のミスルンと冒険者のカブルーにも動きが。

部隊との合流に動くのかと思いましたが、同じく落下した狂乱の魔術師を2人で捜索する事になりました。

そこでミスルンの驚くべき過去とエルフ達が隠匿している古代魔術(黒魔術)そして迷宮の秘密について打ち明けられる事となりました。

物語の核心へと近づき、更に面白みを増して来た9巻でした。

さいごに

有翼の獅子の登場、エルフが秘匿する迷宮、古代魔術の一部が垣間見えた事によって少しづつ物語の核心に迫ってきた9巻。

マジで面白かった…

それとスキュラになった偽マルシルがマジ可愛かった…

しかしキメラ化してしまったファリンと、それを使役する狂乱の魔術師を取り逃がした事によりまだまだ物語は続いて行きそうだなーと思いました。

まだダンジョン飯を読んだ事が無い方は、コミックレンタルを使えば1冊95円で読む事ができるので是非読んで見て下さいな!

ファンタジー好きならきっとハマる作品だと思います!

1冊95円コミックレンタル!

Amazonギフト券購入でお得にお買い物!現在Amazonで、初めてAmazonギフト券を購入すると1000ポイント貰えるキャンペーンが実施されています。


更に、ギフト券購入額×最大2.5分のポイントが貰えるので、今がチャンスですよ!

Amazonギフト券初回購入で1000PGET!
詳しくは上記リンクでご確認下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました