めちゃくちゃ簡単!ノートPCのメモリを増設してみたら動作も快適に!

スポンサーリンク
パソコン関連

最近ちょっとした悩みがあります。

それはPCでゲームを長時間プレイしていると、動作が重くなりストレスが溜まる事。

私が普段使っているノートPCは、HP社のノートPC「EliteBook 820G1」

2013年にビジネス用に販売され、去年辺り大量に中古品が市場に流れました。

私のEliteBook 820G1は、CPUは第4世代のCore i5 4300U 画面サイズは12.5インチ

Windows10、SSD256G、メモリ8Gにアップグレードされており、3万円を切る値段で購入。

詳しいスペックはこちら

いつもこのノートPCでブログを書いたりyoutubeを見たりと、普段使いにはまったく問題無いのですが、問題はゲーム。

私は良くマジック:ザ・ギャザリング アリーナをプレイしているのですが、1時間程プレイすると動作が重たくなってしまいます。

正直PCでゲームをするならゲーミングPC使えよwと、自分でも思うのですが、高スペックが求められる最新のゲームをプレイする訳でも無いので、メモリを増設して様子を見る事にしました。

メモリ不足か確認する方法を記事にまとめましたので、併せてお役立て下さい。

パソコンの動作が遅いのはメモリ不足が原因かも?メモリ不足か簡単にチェックする方法
新生活やテレワークの普及によりパソコンを新しく購入した方も多いと思います。でも折角購入したパソコン…動作が遅い、ファイルを実行しても重くて中々開かない…なんて事ありませんか?私も以前にノートパソコンでゲームをプレイしている最中に動作が...

EliteBook 820G1のメモリ増設の方法

冬場に行う場合は、静電気が発生しやすく故障の原因となるので、体の静電気を取り除いてから作業に掛かります。

まずはUSB機器やACアダプターをすべて外してから、裏蓋を外します。

写真上部のロックを右に「カチッ」と音がするまでスライドさせ、裏蓋を下にスライドするだけで裏蓋を外す事ができます。

次に下の赤枠のバッテリーを外しましょう。

ロックが2か所あるので、どちらも下に音が鳴るまでスライドさせロックを外してから取り外します。

 

上部の赤枠にメモリのスロットがあり、右側は使用しているので今回は左側の空スロットに新しく購入したメモリを差していきます。

今回購入したメモリは、シリコンパワーの1.35V(低電圧版)DDR3L 1600 PC3L-12800

このメモリを空きスロットにセットして行きます。

メモリをスロットに、斜めにして奥まで差し込んだら、メモリを下に押し下げます。

固定用の爪にしっかり引っかるまで押し下げましょう。

メモリの裏表は赤枠のピンを参照して下さい。

付くようにしか付かないので、特に難しい事は無いですよ!

セットしたメモリが浮き上がってなければOKです!

後は逆順で、バッテリーと裏蓋をセット、ロックを忘れずに行いましょう!

メモリの増設が終わったら

増設したメモリがきちんと認識されているかの確認を必ずしましょう。

確認の仕方は、PCを立ち上げてWindowsキーとXキーを同時に押し、システムをクリック。

バージョン情報が表示されるので、少し下にスクロールするとデバイスの使用が出てきます。

実装RAMに元々のメモリ(8G)と今回増設したメモリ(8G)の合計で16Gと認識されているので、無事に成功したようです。

もし増設したのに実装RAMが増えていない場合は、もう一度きちんとセットされているか確認の確認を。

それでも改善しない場合はメモリ診断を行ってみましょう。

メモリ診断については後日記事にしようと思います。

メモリを増設した効果

試しにドラゴンクエスト10のベンチマークを走らせてみました。

設定は増設前、増設後共に最高品質の仮想フルスクリーンモード。

まずは増設前の8Gで計測。

結果、スコアは2776のやや重い判定でした。

 

次は増設後の16Gで計測。

結果、スコアは3868の普通判定となりました。

メモリ容量を倍にしたからスコアも倍、とはなりませんが、そこそこ性能は向上したようですね!

マジック:ザ・ギャザリング アリーナもプレイしてみましたが、動作のもっさり感がかなり解消され、増設前より快適にプレイできるようになりました!

さいごに

EliteBook 820G1に限らず、ノートPCのメモリ増設はめちゃくちゃ簡単!

基本的には裏蓋を開ける為の精密ドライバーさえあれば問題無いです。

もし動作が重いとストレスを感じるようなら、メモリの増設も一つの手だと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました