ロジクールの小型ワイヤレスキーボード K230をレビュー

スポンサーリンク
レビュー

中古のリノベーションPCを購入してゲーミングPCを作ろうと思い、自宅で余っているパソコンのパーツ類を漁っていた所キーボードがいつの間にか無くなっている事に気が付きました。

そういえば以前リネットを利用した際に古いパソコンと一緒に引き取ってもらったような気が…

そんな訳でキーボードも新調しようと思い、ロジクールのワイヤレスキーボード K230を購入してみたのでレビューしようと思います。

ロジクール ワイヤレスキーボード K230

さっそく届いたので開封していきましょう。

以前からLogicoolのワイヤレスキーボードを利用しており、特に不満も無かったので同じメーカーにしようと思いポチりました。

購入した時点でのお値段は、Amazonで2057円。

この値段で3年保証付きならなんの問題も無い…と言うか逆にお得感しか感じませんでした。

内容物は本体と保証書、UnifyingUSBレシーバー、着せ替え用電池カバー、電池も元から入っているので、USBに繋げばすぐに使えます。

電池は最大で24ヶ月交換無しでいけるとの事。

背面にはON/OFFのスイッチも付いているので長期間利用しない場合はOFFにすればかなり長持ちしそうですね。

購入した最大の理由が、普段から使っている12.5型のノートパソコンとキーボードのサイズがほぼ一緒だった事です。

フルサイズのキーボードはやはりでかいので、普段から使っている物に合わせた方がストレス無く利用できそうですしね。

使ってみた感想としては、静音性がイマイチな事とエンターキーが小さい事が気になりました。

それとやはりノートパソコンのキーボードとは少々勝手が違いますが、大体同じサイズなのですぐになれる事ができ特に問題もありませんでした。

ゲーミングPCを作るのに普通のキーボードなの?と思われるかもしれませんが、用途はMMORPGかシミュレーション系のみなので大丈夫…なはず。

電池カバーも元から付いている白に加え、青、ピンクも付いてくるので、気分やPCデスクのレイアウトに合わせたりと遊び心もあるので、小型で安いキーボードをお探しの方にはおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました