全ての人類を破壊する。それらは再生できない5巻の感想とか

スポンサーリンク
レビュー

マジック:ザ・ギャザリング×青春グラフィティー漫画『全ての人類を破壊する。それらは再生できない。』の5巻が7/21に発売されたので、本日はその感想などを書いて行こうと思います。

※多少のネタバレを含むのでご注意下さい。

全ての人類を破壊する。それらは再生できない5巻

激動のクリスマスも終わり年が明け、ついにノストラダムスの大予言の年である1999年がやって来ました。

世界滅亡が予言される中でも人々は新年を普段通りに迎え、加納はじめは初詣に神社へ足を運んでいました。

そこで思いがけず諏訪原八雲と再会を果たします。

そこでなんやかんやあり良い感じになるんですが…

滅茶苦茶青春しててとても羨ましく見えましたw

八雲もある一言ではじめの心境にも少し変化があり、少しずつですが八雲を意識するようになりました。

そして少し時は流れ、4巻で転校してしまった親友との約束を果たす為、舞台はグランプリ京都99に移ります。

全ての人類を破壊する。それらは再生できない 4巻の感想とか
待ち焦がれたマジック:ザ・ギャザリングを題材にした漫画「すべての人類を破壊する。それらは再生できない」の4巻が遂に発売しました。すべての人類を破壊する。それらは再生できない。 (4)posted with ヨメレバ横田 卓...

グランプリ京都99はウルザ・ブロックのリミテッドのグランプリ。

今までスタンダードしか経験がなかったはじめはしぶやまの面々に特訓をしてもらったお陰が滑り出しは上々でしたが、沢渡の師匠であり過去に八雲を下した強豪「白金久遠」との対戦が組まれてしまいます。

一方その裏ではじめに思いを寄せる2人の対戦火蓋も落とされました。

2つの勝負の行方は、そしてこの先の3人の展開については是非『全ての人類を破壊する。それらは再生できない5巻』で確認して下さいませ!

さいごに

全ての人類を破壊する。それらは再生できない5巻でした。

5巻は八雲とはじめの2人にスポットが強く当てられ、八雲が凄く愛おしく見える巻でした。

この先どのような展開になるかはまだ分かりませんが…先の事を考えるとちょっと切なくなってしまいますね…。

3人の恋の行方だけでなく、MTGの方もウルザ・ブロックと言う事で懐かしいカードが沢山登場しました。

個人的に当時特に印象深かった「ネクロポーテンス」や「火葬」、そしてマローが「最大の過ち」と語ったMTG史上最強の一つのパワーカード「ヨーグモスの意思」などが登場。

当時MTGをプレイしていた方ならきっと楽しめる1冊になっています。

プレイした事が無い方でも、あくまで物語の主軸は青春グラフィティーなので楽しめる内容ですよ!

もしすべそれを見てMTGが気になった方は手軽に始める事ができるMTGアリーナについての記事も有りますのでそちらもお読み頂けたら幸いです。

マジック:ザ・ギャザリングアリーナが面白くて無限にできるw
アイキャッチアート:Svetlin Velinovどうも、ぶれです。本日は私が現在ハマっているオンラインTCGゲーム、「マジック:ザ・ギャザリングアリーナ」の布教活動をしたいと思います!名前は聞いた事あるけどやった事が無い人も、パソ...

Amazonチャージを利用すると初回限定で1000ポイント+チャージ金額の最大2.5%分のポイントが貰えるキャンペーンも行われているので更にお得に購入する事ができますよ!

詳しくはこちらのページからご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました