旅する漫画家「アンギャマン」氏のリアル遠足を久しぶりに読んだけどやっぱり面白い

スポンサーリンク
旅行・観光

旅に出たい衝動を日々抑えながら生活しているぶれです、こんにちわ。

今年の夏は…と言うか盆休みも自粛生活を続けていたので、殆んど外に出ずじまいで全く夏を堪能できていません(;´Д`)

何処か平日にでも時間を作ってキャンプかちょっとした旅行位は行きたいなーと思ってるんですが…まだしばらくは無理そうです。

相変わらず梅雨が明けると毎年旅に出たい…どこか遠くに行きたいと言う衝動に駆られるんですが、今年はまったく出かけていないので旅に対する思いは募るばかり。

とは言っても新型コロナが収束するまでは無理だろうな…なんてもどかしく感じています。

衝動を抑えるため旅系のコンテンツを色々と読み漁ったりしているんですが、昔まとめサイトで読んだアンギャマン氏「ニートでバカだから歩いて○○いった」シリーズを思い出し、約5~6年ぶりに読み返して見たんですが…やっぱり面白くて一気に見返してしまいましたw

そんな訳で本日は、アンギャマン氏について書いて行こうと思います!

アンギャマン氏とスカラムーシュ

アンギャマン氏を初めて知ったのは大体10年位前、某まとめサイトに纏められていた「ニートでバカだから歩いて出雲いった」言うタイトルの記事でした。(今でもググれば読む事ができます)

当時から所謂「旅スレ」のまとめを読むのが好きだったのですが、これまでに読んできたのは私が興味を持っていた自転車旅のスレばかりだったので、徒歩旅はアンギャマン氏のまとめを読むのが初めて。

初めて読む徒歩旅は当然ながら歩みは遅いのですが、ゆっくりと進む行程は自転車旅よりも内容が濃密に感じられてすっかり魅入ってしまい、気が付いたときにはもう目を離せなくなってしまう程面白く感じました。

そんな「ニートでバカだから歩いて出雲いった」を読み進めているうちに、本が出版されている事とサイトを運営している事を知り覗いて見る事に。

スカラムーシュ

スカラムーシュでは「ニートでバカだから歩いて○○いった」はリアル遠足として、写真にキャラを書き込み漫画仕立てになっており、多くの写真と共に淡々と語られる状況よりも詳細に描かれており、スレとはまったく違う雰囲気で描かれていました。

リアル遠足シリーズは私が初めて読んだ「出雲」の他に「天橋立」「伊勢」そして最も長編の「四国ガチ遍路」の4作品があり、四国ガチ遍路は28日目までスカラムーシュで、それ以降は有料ノートで読む事ができます。

写真に書き込まれた絵は何とも味のある感じ。

同じ旅ながら「ニートでバカだから歩いて○○いった」と「リアル遠足」で2度おいしいので、もし気になった方は是非読んで見て下さいな!

アンギャマン氏の著書

リアル遠足は伊勢巡礼編が

そして漫画家としてもデビューしており、ジャンプデジタルコミックスより「夜ヲ東ニ」が発売中です。

その他のアンギャマン氏の漫画はジャンプ+にて無料読む事ができます。

ジャンプ+|「アンギャマン」の検索結果
アプリなら『SPY×FAMILY』『地獄楽』などオリジナル連載が初回全話無料で読める!人気マンガを毎日無料で更新中。WEB発の新作や少年ジャンプの人気作、メディア化した大ヒット作まで充実のラインナップ。面白いマンガを先読みするなら「少年ジャンプ+」。

気になった方、時間がある方は是非一度読んで見て下さいな!

アンギャマン氏のTwitterはこちら

さいごに

スカラムーシュを見ていると自転車旅だけでなく徒歩旅もいいなーと心底思ってしまいますね…w

またそのうち旅に出れる日が来たらいいなーと思う私でした。

Amazonチャージを利用すると、初回限定で1000ポイント+チャージ金額の最大2.5%分のポイントが貰えるキャンペーンも行われているので更にお得に購入する事ができますよ!

詳しくはこちらのページからご確認下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました