治るまでどのくらい掛かる?ぎっくり首になって地獄を見た話

スポンサーリンク
生活

ぎっくり首をご存じでしょうか?

ぎっくり腰は良く知られていますが、ぎっくり首はあまり知られていないのではないでしょうか?。

この所謂ぎっくり首、この年の瀬にやってしまいました…

本日はぎっくり首の原因や症状、完治まで何日掛かったを書いていきたいと思います。

ぎっくり首になってしまった経緯

まずは私がぎっくり首になってしまった経緯をお話ししようと思います。

その日は朝から少し首に違和感があり、ストレッチをしようと思い首を回したり伸びをしていた所、なんとも言えないような痛みが首に走りました。

そこからは首を少し傾けるだけでも激痛が走り、首が全く動かせなくなってしまいました。

初めて感じる首の痛みに、「もしかしたら首の骨が逝ったのか…?ヘルニアになってしまったのか…?」と、とてつもなく不安に思い、その日は仕事を休んで整形外科に掛かる事にしたのですが…。

運転をしようにも首を曲げれずに周囲の確認ができない、それどころか着替えすらままならず、10分以上掛けてなんとか着替え、タクシーで病院に向かいました。

病院に向かう間にも急に激痛が走ったり、肩に重い物を乗せているような違和感を感じ、滅茶苦茶不安になってしまいました。

なんとか病院に辿り着き、レントゲンを撮影して先生に診てもらった所、「骨には異常無いから頚椎捻挫症だねー、ぎっくり首ってやつ」と先生に告げられました。

ぎっくり首になる原因と予防

先生に詳しく聞いてみたところ、

  • 普段から姿勢が悪い
  • 猫背
  • スマートフォンの使い過ぎ
  • ストレートネック
  • 運動不足
  • 慢性的な肩こり
  • 枕が体に合っていない

が主な原因として挙げられると教えてくれました。

言われてみると確かに、スマホは暇さえあれば使ってますし、最近運動という運動もしていないので成るべくしてなってしまった…と言う感じでした。

そしてストレートネック気味だから、普段からなるべく良い姿勢を意識するように、と注意を受けました。

ストレートネックは日本人の8割以上に兆候が見られていると教えていただき、誰しもがぎっくり首にかかってもおかしく無いとも教えていただきました。

予防するには良い姿勢を心掛け、ほど良い運動と自分に合った枕を使う事が大事のようですね。

ぎっくり首の対処法は?

首はとても大切な部位です。
首に激しい痛みを感じたらまずは整形外科で診察を受けた方が良いでしょう。

ぎっくり首になってしまったら何はともあれ安静にしているのが一番と先生に言われました。

痛いと思う方には首を曲げないこと、ストレッチやマッサージなどは絶対にしないで欲しいと言われ、湿布と痛み止めを処方してもらいました。

コルセット生活になるかと思いきやコルセットは特にしなくても問題無いとの事。

しかし一切首を曲げないで一定方向だけを向いているのも辛いので、Amazonで首用のサポーターを購入しました。

Amazon | 【FUN&FLAG】 首サポーター コルセット ソフト頸椎カラー 首・肩凝り軽減 | FUN&FLAG | 首・頸椎用
【FUN&FLAG】 首サポーター コルセット ソフト頸椎カラー 首・肩凝り軽減が首・頸椎用ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ぎっくり首が治るまではどのくらい掛かる?

ここからは私がぎっくり首が治るまでの経過と日数を書いて行こうと思います。

1日目
首が全く曲げれずに、少しでも首を曲げてしまうと激痛が走る。痛み止めを飲んでもさほど効果なし。横になるのも一苦労で、寝てからも寝返りがうてずに夜中何度も目が覚めて寝不足に。

2日目
1日目と症状は変わらず。この日にコルセットが届いて少しだけ楽になる。

3日目
首を曲げると相変わらず激痛が走るが、2日目に比べて少し痛みが引いてきた感じがある。

4日目
首を曲げるとまだまだ痛いが、徐々に治ってきている実感がある。

5日目
少し首を曲げても大丈夫になってきた。この日から寝返りをうてるように。

6日目
首が回るようになってきたが、少し無理をすると相変わらず痛い。

7日目
首を曲げた時の痛みがかなり減る。もう少しで普段通りの生活に戻れそうな予感。

8~10日目
痛みは引いたが首に変な違和感を感じる。ほぼほぼ普段通り生活しても問題無し。

11日目
違和感も無くなり完治!したと思う←いまココ

と、完治するまで10日以上掛かってしまいました。

さいごに

年の瀬にぎっくり首をやってしまった体験談でした。

正直かなり辛かったし、3日目位までは何も手が付かない状況でした。

できる事なら二度とぎっくり首になりたくないです…。

日本人なら誰しもがぎっくり首になってしまう可能性があるので、皆様も運動不足や普段からの姿勢に気を付けて下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました