100均アイテムで冬キャンプに役立つ赤外線ヒーターアタッチメントを自作してみた…けど

スポンサーリンク
キャンプ道具

12月も中旬に入り山沿いでは雪も降り始める時期になりましたね。

夜は焚火などでしっかりと暖を取らないと厳しい時期になってきました。

先日無料で管理人の居ないキャンプ場でキャンプをしていたのですが途中で手持ちの薪が途中で切れてしまい、寒さのあまり夜をあまり楽しめずに就寝する事になってしまいました。

焚火以外にもちょっとした暖を取れるアイテムが欲しいなーと思いAmazonを覗いているとこんな物を発見しました。

コンロの上で熱する事で遠赤外線を発生させて暖を取るヒーターアタッチメントなんですがこれが中々良いお値段。

流石にちょっと高いなーと思って他を探して見ると手頃な値段の物がありました。

Colemanの遠赤ヒーターアタッチメントの類似品でお値段も1000円程と中々手頃な値段。

こちらの他にも少し縦長のタイプも。

こちらも1000円程なので、購入して試して見ようかなーと思ったのですが、なんかこの形状の物を100円ショップで見かけた事があるんですよね。

そう、ダイソーで販売されているステンレスカトラリーラックです。

 

良くステンレスカトラリーラックをウッドストーブに改造したり、同じくダイソーで販売されているオイルポットを組み合わせて炭の火消し、火起こしに使っている方が沢山いる人気商品の一つですね。

このステンレスカトラリーラックを使えばヒーターアタッチメントが自作できそうな感じだったので、本日は秋~冬キャンプで役立つ防寒アイテムの一つ、赤外線ヒーターアタッチメントを100均アイテムで自作して見ました。

※作成や使用は全て自己責任でお願いします。

100均アイテムで作る遠赤ヒーターアタッチメント

材料

材料はこちらの4種類で計500円~600円。

  1. ステンレスカトラリーラック 200円
  2. ステンレス流し台排水口ゴミ受け 100円(150円だったかも)
  3. ステンレスタワシ 100円
  4. ステン針金0.9mm×10m 100円

全てダイソーで購入できるものです。

こちらの他にもネジ(30mm)とナットを使用しますが、今回は自宅に合った物を使用。

手持ちに無い方は同じくダイソーで販売されているボルトセットも一緒に購入しておきましょう。

使用する工具

使う工具は+ドライバー、ペンチ、ハサミの3種類。

工具とは別に何でも良いのでペンを1本用意しましょう。

これらも全て100円ショップで揃うので制作する敷居はかなり低めだと思います。

遠赤ヒーターアタッチメントの作成方法

まずはこんな感じでペンにステン針金をぐるぐると巻き付けていきます。

ペンの先端まで巻いたらペンチでカットし、コイル状の物を3~4本作製します。

コイルが出来上がったらステンレスカトラリーラックに良い感じに収まるよう少し伸ばして

ステンレスカトラリーラックに敷き詰めていきます。

コイルを詰め込んだら真ん中の空いている部分にステンレスタワシを押し込みます。

下の画像では丸々1つ押し込んでいますが、密度が高すぎると火の回りが悪くなってしまうのでハサミで半分ぐらいにカットし、解してから入れるのが良いと思いました。

タワシを詰めたら一度ステンレス流し台排水口ゴミ受けをセットし、ネジで固定する為の穴を開けておきます。

大体穴を開ける位置の目星を付けたらラジオペンチの先でグリグリと左右2ヶ所に穴を開けていきましょう。

後はステンレス流し台排水口ゴミ受けをセットしネジとナットでしっかりと固定します。

因みにネジは30mmを使用、ダイソーのネジセットにも入っています。

ちゃんと固定できるか不安でしたが、皿の部分を持ってひっくり返してもびくともせず。

どうやら無事に固定できたようです。

一応完成したので早速試してましょう。

100均遠赤ヒーターアタッチメントを使ってみて

とりあえず軽い燃焼実験と言う事で、私が普段使っているイワタニのジュニアコンパクトバーナーで試して見ました。

乗せてみるとしっかりと安定して自立してくれました。

火入れをしてみるとこんな感じ。

約10分程火にかけてみましたが、赤くなっているのはテンレス流し台排水口ゴミ受けのネット部分のみでコイルは赤くなっておらず…

中に詰めたステンレスタワシの量を調節してみましたが結果は同じだったので、まだまだ改善の余地がありそう…と言った感じですね(;´Д`)

そもそもステンレスカトラリーラックのサイズが大きいので、もっと火口が大きいバーナーじゃないと駄目なのかも知れません。

肝心の温かさはと言うと…温かいと言えば温かいですが思ったほどの効果を感じる事は出来ませんでした。

それと使用して見た点を幾つか。

反射熱があるので長時間ガスバーナーでの仕様は危険だと思いました。

10分程の燃焼実験でしたが、ボンベがほんのりと熱を持ち温かくなっていたので、もしガスバーナーで使う場合は最低でも遮熱版を利用しないと爆発しかねないので、もし作成、使用する方は自己責任の上十分ご注意下さい。

そして中に詰めたステンレスタワシが燃え尽きてなのか、使用後に細かい灰のようなものが出てきます。

もしかしたらステンレスタワシは要らないかもなーなんて思ったり。

今回の実験で色々と見えてた点があったので、また時間があったら色々と試してみようと思います。

ヒーターアタッチメントリベンジ編を投稿しました!

100均アイテムで冬キャンプに役立つヒーターアタッチメントを自作して見た【リベンジ編】
先日ダイソーのステンレスカトラリーラックを使って冬キャンプに役立つアイテムの一つヒーターアタッチメントを自作してみたのですが、残念な結果となってしまいました。シングルガスバーナーやアルコールストーブで使うにはステンレスカトラリーラック...

さいごに

そんな訳で100均アイテムで遠赤ヒーターアタッチメントを作ってみたのですが、今回は失敗に終わってしまいました。

まったく使えない事も有りませんが、これなら市販の物を使った方が良さそうですね…。

他にもキャンプ用品を色々自作してみたので、そちらも併せてご覧頂けたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました