3万円台でゲーミングPCを作る方法(購入編)

スポンサーリンク
3万円台で作るゲーミングPC

パソコンでシティーズスカイラインをプレイしたい…それに最近FF14にも興味が湧いて来てしまったのでゲーミングPCが欲しくなってしまいました。

しかしゲーミングPCって結構な値段がするんですよね…

構成次第ですが余裕で10万円を超えたりするので、新品で購入するには少し躊躇ってしまいます。

私は最新のゲームを4K画像の144FPSで遊びたい!と言う訳でも無いので、格安で売られている中古のリノベーションPCを改造して、そこそこ遊べるゲーミングPCを作る事にしました。

そこで今回は3万円台で作るゲーミングPCの方法をご紹介しようと思います!

3万円台で作るゲーミングPC

パソコン

まずベースするパソコンはDELL OPTIPLEX 7010 DT

上記画像の右から2番目のモデルですね。

こちらを9800円で購入しました。

値段としては…高くも無く安くも無くぐらいなんでしょうか?

一回り小さいSFFでも良かったのですが、グラフィックボードを取り付けるとケース内がギチギチになり、熱が少し心配だったので一回り大きいDTを楽天市場で購入しました。

DELL OPTIPLEX 7010をゲーミングPCに改造するのはSFFが主流なので特に熱も問題無いのかも知れませんね。

それと今回DTを購入して感じた事は、思ったより大きいけどSFFをゲーミングPCに改造するより楽だと思いました。

購入したDELL OPTIPLEX 7010 DTのスペックは、

OS Windows10 Pro 64bit
CPU Core i5-3570
メモリ 4GB
HDD 250G
インターフェース VGA DisplayPort ×2
USB3.0 ×4 USB2.0 ×6 LAN
ドライブ DVDマルチドライブ
付属品 電源ケーブルのみ

CPUは第三世代の通常版Core i5では最上位のCore i5-3570。

流石にCore 2 DuoやCeleronだとゲームには厳しいですしね。

最低でもCore i5-3470以上の性能は欲しかったので良い買い物をしたと思いました。

インテル(Intel)CPU性能比較|ドスパラ公式通販サイト
インテル(Intel)CPUの性能比較のページです。各CPUの性能をグラフで分かりやすく掲載!Core 2シリーズとCore iシリーズの比較や、今お使いのものと最新のものとの比較などにも役立ちます。最終更新2020年6月

HDDの容量とメモリが少ないですが、こちらはSSDに変更&メモリは増設するので問題無し。

映像出力はVGAですが、グラフィックボードにHDMIポートが付いているのでそちらを利用する事にします。

※リノベーションPCを購入する際はスペックの確認をお忘れなく。

グラフィックボード

グラボはMSI GeForce GTX 1650 4GT LP。

Amazonで19756円で購入しました。

スリム型のケースにも取り付けができるロープロファイルモデルで補助電源の必要が無いのでDELL OPTIPLEX 7010の240Wしかない電源でもきちんと動作してくれる良い奴です。

GeForce GTX 1650はモデルが色々ありますが、スリムケース(DELL OPTIPLEX 7010 DT含む)にはロープロファイルモデル(LP)しか取付け出来ないのでご注意下さい。

SSD

私はもうSSDの速さの虜になってしまい、HDDには戻れなくなってしまったので交換する事にしました。

私が使うのはシリコンパワー製のSSD 240GB。

他のパソコンで使っていた物を流用。

お値段は4500円前後ですが、KINGSTONやSunDisk製の方が少々お安いですね。

性能に大差は無いので、SSDに交換する方はお好みで。

DELL OPTIPLEX 7010 DTは分岐しているSATA電源ケーブルが付いており、3.5インチと2.5インチのHDDを1個づつか2.5インチのHDDを2つ取付けができるのでついでに余っているHDDも取り付ける事にしました。

SSDをシステムディスクにしてPCの高速化を図ろうと言う魂胆です。

特にSSDにしなくても問題は無いですが、起動速度が爆速になるので予算に余裕がある方は交換する事をおすすめします。

その他小物

他には細々した物を購入しました。

キーボードを捨ててしまったのでロジクールの小型ワイヤレスキーボード K230

ロジクールの小型ワイヤレスキーボード K230をレビュー
中古のリノベーションPCを購入してゲーミングPCを作ろうと思い、自宅で余っているパソコンのパーツ類を漁っていた所キーボードがいつの間にか無くなっている事に気が付きました。そういえば以前リネットを利用した際に古いパソコンと一緒に引き取って...

流石にメモリが4GBでは足りないので、同じメーカーの4Gメモリをもう1本。

2.5インチHDDを取り付ける為にブラケット。

因みにブラケットは2.5インチSSDを1つだけにする場合、元からあるHDDをそのまま使う場合は必要ありません。

2.5インチのHDDやSSDを2つ使う場合のみ必要です。

それともう一つ、HDDやSSDを2つ使う場合はSATAケーブルも必要になります。

Amazon | SATA 電源分岐ケーブル 15ピン Y字 スプリッタ Cloud Eleven® (1本, 15ピン電源分岐) | Cloud Eleven (クラウドイレブン) | SATAケーブル 通販
SATA 電源分岐ケーブル 15ピン Y字 スプリッタ Cloud Eleven® (1本, 15ピン電源分岐)がSATAケーブルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まとめ

DELL OPTIPLEX 7010 DT 9800円

MSI GeForce GTX 1650 4GT LP 19756円

シリコンパワー SSD 240GB 4599円

ロジクール ワイヤレスキーボード K230 2057円

TP-LINK TL-WN725N Wifi 無線LAN子機 713円

CFD Panram DDR3-1600 4GB 1867円

オウルテック 変換ブラケット 398円

Cloud Eleven SATA3ケーブル 299円

合計で39489円(送料&税込み)となり、SSDとSATAケーブルは元からあったので合計額から引くと34591円でした。

他の細々した物が大体揃っている方は、PCとグラボで29556円。

グラボは中古でもいいと言う方は、MSI GeForce GTX 1650 4GT LPの中古がメルカリなどで13000円前後で取引されているのでもっと安く組めると思います。

次回は組立編です。

3万円台でゲーミングPCを作る方法(組立編)
3万円台でゲーミングPCを作る方法(購入編)の続き、前回購入した物を組み立ててゲーミングPCを完成させて行きます。まだ購入編を見ていない方はそちらを先にご覧頂けたら幸いです。 (adsbygoogle = windo...

ゲームのベンチマーク測定記事はこちら。

3万円台でゲーミングPCを作る方法(ベンチマーク編)
3万円台でゲーミングPCを作る方法の最終回です。本日はFF14、FF15、ドラゴンクエストXのベンチマークスコアを計ってみました。購入したパソコンやパーツ類に関しては購入編組み立て方は組立編こちらを先にお読み頂けたら幸いです。...
Amazonギフト券購入でお得にお買い物!現在Amazonで、初めてAmazonギフト券を購入すると1000ポイント貰えるキャンペーンが実施されています。


更に、ギフト券購入額×最大2.5分のポイントが貰えるので、今がチャンスですよ!

Amazonギフト券初回購入で1000PGET!
詳しくは上記リンクでご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました