GENTOS(ジェントス)のLED ヘッドライトCP-095Dは安くて多機能で天体観測用にも使える

スポンサーリンク
レビュー

長年愛用してきたジェントスのLEDヘッドライトLH-560が先日壊れて点灯しなくなってしまいました…

2017年4月に約1000円で購入し、釣りにキャンプに自転車旅…と、使用頻度がかなり高かったにも係わらず長く活躍してくれました。

また近くキャンプに行く予定ができたのでジェントスのLEDライトならリピートしても間違いないだろうと思い、小型のLEDヘッドライトCP-095Dを購入したのでレビューを書いて行こうと思います!

GENTOS LED ヘッドライト CP-095D

商品スペック
  • サイズ:約幅60×奥行41×高さ31mm / 本体重量:約65g(電池含む)
  • 最大照射距離:約55m
  • セット内容・付属品:本体、ヘッドバンド、テスト用電池(単3形アルカリ電池×1本) /使用電池:単3形アルカリ電池×1本
  • 明るさ:High/95ルーメン、Eco/20ルーメン、赤色LED/1ルーメン
  • 使用光源:高輝度チップタイプ白色LED×1灯、5mm赤色LED×1灯
  • 実用点灯(約):High/7.5時間、Eco/20時間、赤色LED/65時間
  • 機能:1m落下耐久、耐塵・防滴(IP64準拠)
  • 素材・材質:PC(ポリカーボネート) /原産国:中国
GENTOS LED ヘッドライト CP-095Dを使ってみた

そんな訳でAmazonで販売されているジェントスのヘッドライトの中で2番目に安いCP-095Dを購入しました。

またジェントスのヘッドライトをリピートした理由は、値段の割に雑に扱っても3年以上使えた事、そしてバンド部分がダルダルに成らなかった事で再購入するに至りました。

左が以前使用していたLH-560 右が今回購入したCP-095D

なぜ最安のGTR-831DではなくCP-095Dにしたかと言うと、明るさの強弱と赤色LEDに切り替えが可能な事。

シーンによって明るさを調節すれば電池の節約にもなりますし、赤色LEDは天体観測や天体撮影で大いに役立ってくれそうだった為です。

注文すると翌日にすぐ届いたので、早速キャンプで使ってきました。

Highモードで約5m程離れた切り株にライトを当ててみるとこんな感じ。

赤モード。

カメラの関係でそこそこ明るく見えますが、実際はなんとなく何かあるなーと分かるぐらいの光量です。

Amazonの商品紹介に掲載されている写真が近い感じです。

少し遠くを照らして見るとこんな感じ。

結構遠くまで照らしてくれるのでキャンプで使う程度なら必要十分と感じました。

因みに以前使っていたLH-560(27ルーメン)は、自転車旅中にロードバイクのライトが切れてしまったときのサブライトとしても使えていました。

流石に時速30㎞~40㎞で夜道を走るのは怖いですが時速10~15kmぐらいでのんびりと夜道を走るなら普通に使える感じだったので、95ルーメンのCP-095Dなら十分にサブライトとしても役立ってくれそうですね。

電池も単三1本でHigh/7.5時間、Eco/20時間、赤色LED/65時間と使えるので普通におすすめです。

因みにジェントスのヘッドライトのAmazon最安はGTR-831D。

こちらは光量の切り替えや赤色LEDは付いていませんが、とりあえず何でもいいからヘッドライトが欲しいと言う方はGTR-831Dの方が400円ほど安いです。

Amazonチャージを初めて利用すると初回限定で1000ポイント+チャージ金額の最大2.5%分のポイントが貰えるキャンペーンが行われています。

まだご利用で無い方は、お得に買い物をするチャンスですので是非ご利用下さいませ!

さいごに

GENTOS LED ヘッドライト CP-095Dのご紹介でした。

キャンプで使う分には申し分なしの製品で、下手な物を買ってすぐ壊すよりは有名メーカーの信頼できる製品を使った方が良いんじゃないかなーと思います。

もっと光量がある製品をお探しの方はAmazonにジェントスストアのページがあるので是非ご確認下さいませ!

GENTOS ストア TOP: GENTOS ストア TOP
GENTOS公式ストア

コメント

タイトルとURLをコピーしました