OPOLAR LC06吸引式ノートPC冷却ファンがPC内の温度をめちゃ下げてくれた!

ノートPCで負荷の大きい作業をすると結構熱を持ちますよね。

ある日ノートパソコンの排熱ファン付近を触ってみるとかなり熱くなっており、このまま使い続けるともしかしたら壊れるんじゃないかと思い不安になってしまいました。

私は古いノートPCを使っているのですが結構気に入っているので長く使いたいなーと思い、ノートPCや任天堂Switchにも使えるOPOLAR LC06吸引式ノートPC冷却ファンを購入してみたので、どのぐらいの効果があるのかデータを取ってみました。

OPOLAR LC06吸引式ノートPC冷却ファン

内容物は以下の通りで取扱説明書は日本語の記載もありました。

取り外しができる吸盤式と、強力な両面テープでくっつける2つの部品が付属しており、ノートPCは持ちだして使う事もあるので今回は取り外し可能の吸盤式を使う事にしました。

最初に放熱口の大きさにあったシリコンを装着し、その後吸盤付きの板を取り付けます。

説明書通りに取り付けるとこんな感じになります。

後はUSBを繋げて、シリコン部をしっかりと放熱口に合わせるだけ!

USBを繋げば自動で起動します。

パワーは13段階調節ができ、起動時は7に設定されているのでパワーは良い感じに調節しましょう。

気になる吸引音ですが…。

最低の1だと全然気にならないですが最高の13に上げるとかなり大きな音がします。

音が大きい分、それだけ排熱が出来ていると言う事でしょう。

ディスプレイに表示される温度はPC内部の温度ではないので、あくまで目安程度に見ておきましょう。

OPOLAR LC06の気になる効果

実際にPC内の温度にどれだけの差が出るのか、MTG アリーナを10分起動させSpeccyのフリー版を使って計ってみました。※外気は25度で測定。

関連記事

アイキャッチアート:Svetlin Velinov どうも、ぶれです。 本日は私が現在ハマっているオンラインTCGゲーム、「マジック:ザ・ギャザリングアリーナ」の布教活動をしたいと思います! 名前は聞いた事あるけどやった事が無い人も、パソ[…]

Svetlin Velinov

負荷をかける前の状態はこちら↓

CPU:43℃ SSD:34℃

OPOLAR LC06 無し

CPU:67℃ SSD:36℃

OPOLAR LC06 パワー6

CPU:59℃ SSD:35℃

OPOLAR LC06 パワー13

CPU:50℃ SSD:35℃

結果として

OPOLAR LC06無しと起動時のパワー6では8℃、パワー13では17℃もの差がでました!

正直安かったのであまり期待はしていませんでしたが…これだけ温度を下げてくれたのは驚きです。

ノートPCが熱暴走で落ちてしまいお困りの方、寿命を延ばしたい方はOPOLAR LC06…おススメです!

\ follow me !! /